読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうの自由帳

自由に生きる人のライフログにしようと試みるも書けないことが多すぎて企画倒れ

エンジェル?投資

上場株の投資やその他会社としてかかわっている案件については書けないけど、今回は個人的な案件なのでブログにします。

先日京都と大阪にいって大学時代の知り合いの会社への出資を決めた。過半数は握らないが拒否権はあるくらいの議決権をもって、投資。なお、EXIT志向ではないので拒否権が行使できる議決権は維持したく、今後の増資は株主総会の承認を要するように変更してもらった。リターンは大人の事情方式で得れればと。

大学時代のブラジル人の友達が今年の夏からローマに勉強しにいくらしいので、どうしても一度関西に来てくれとお願いされていた。そこでせっかく関西へ行くならと大学時代の別の友人とも会う約束をした(その人に出資した)。彼とは所属大学は違うものの同じ勉強会で勉強したり、一緒にイベントを開いたりした仲。一年くらいかなり密に一緒のプロジェクトをしていた。卒業して何故か証券会社に入社し同期で営業成績一番を取ったにも関わらず、やっぱり雇われるのが苦手らしくて先月から自分で商売を始めたらしい(本人曰く「彼女と別れたショックで働けなくなったから会社辞めた」)。大学で仲良かった人の中で彼が唯一雇われの身にだったので、晴れてみんな個人事業主(まだ学生の人を除く)。自然の摂理だ。

彼の商売は商社だ。何のひねりもなく商社。念でいえば強化系。メーカーや代理店から卸して売る。彼の営業力は自分の知り合いの中では異次元だから心配なし。あいつは商品が何でも売ってくれるでしょう。ロジックとか言ってることやってることがホントにめちゃくちゃに見えるけど、何故か売れる。結果がでる。自分の理解できない範囲ですごい人材なので本当に尊敬している。
唯一足りないのが仕入れる元手ということで即決で出資。とりあえず今はウェブサイト作成・管理サービスとコーヒーレモンティなるものを売っているらしいので頑張ってもらいたい。自分も定量的な部分やルート開拓など後方支援をしていきたい。まずはお土産で持ち帰ると誰もが「次も買ってきて」と言ってくれるインドの製品群を売ってもらいたい。自分が来月インドへ行くので何百個か持って帰れればいいなあ。今は色々売ってみて一番効率良いものを探す試行錯誤の時期だろうし。

営業力の塊みたいな彼が(誤解を恐れずにいえば)自分のポートフォリオに入ってくれるのはかなり助かる。自分は営業が苦手なタイプなので。万が一自分みたいな人が稼げない時代になった時に大きなリスクヘッジになるはずだ。そして何より、相場やってると一日で上下するような金額の出資でも誰かの人生を変えるかもしれない投資ができるのは素晴らしいことだな、なんてちょっと思ってる。成功すればみんな幸せ、失敗しても自分の損失は限られているし。

 

しょう