読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうの自由帳

自由に生きる人のライフログにしようと試みるも書けないことが多すぎて企画倒れ

【IPOトレード】エムケイシステム、コラボス(2015年3月18日)

IPOトレードがうまくなりたいゆえの思考ログ

 

エムケイシステム

エムケイシステム(2015/03/18、5分足)

f:id:show1225:20150319235430p:plain

人事・労務アプリケーション。浮動株約20%、発行済株式総数約50万、VCなし。公募価格3,500円。公募価格での時価総額18億と小型だがクラウド案件で社長が日経新聞マイナンバーにも言及していたこともありテーマ性はあり、高く寄れば値嵩株、という案件。売上/利益ともに右肩上がり。株数少なくVCなしは好需給。一日目(3/17)に寄ったら初値買いでしばらくホールドかなと思っていたが寄らなかったのでスルー。二日目に寄ったら買わないと考えた根拠としては初値騰落率が+250%を超えたらさすがに高すぎるという経験則と一日目寄らないと即金規制が入るため参加者が減ってしまうためだ。みんながIPO銘柄を買う理由は「値上がりするから」なので即金規制など需給環境を悪くする要素は最もネガティブだ。というわけでスルー。とはいえあまりにも浮動株が少なく、寄付きで浮動株約16万株のうち14万株くらいは売買成立するという超好需給であることも確かではあったのだが。

結果的には初値買いが良かったっぽい。ただし日中利確。騰落率と即金規制を考慮すればFFRIやシリコンスタジオのような大相場を作るかと言われたら限りなくNOであるが、初値で14万株も売買成立したらそこから更に売りを入れてくる人間はおらず、残るは買い需要のみ。数百円抜きくらい容易い案件だった(寄り付き直後の上髭陽線)。引け間際もチャンスだった(引け際の陽線)。なぜなら即金規制明けGUを狙う輩が最近増えており、引け間際に買っておこうという需要が発生するからだ。だから底打ったあたりで買っておいて、引け間際に即金規制明け狙いのリスクテイカーに売り渡せば良かった。

なお、即金規制明けプレイは個人的にはあまり推奨できない。最近はそういう"賢い"投資家が増えているので即金規制明け翌日に寄り売りをする人は増え、GU幅も縮小傾向にあるし、売り需要が強くGD気配にでもなろうものならみんな不安で需給が一気に悪化するからだ。今回のエムケイシステムのように初日に陰線引いた銘柄は上で買って含み損を抱えている輩も売り需要に加わってきて更に需給は悪化する。

 

コラボス

コラボス(2015/03/18、5分足)

 

f:id:show1225:20150319235116p:plain

クラウドでコールセンター。浮動株約30%(VC約20%)、発行済株式総数70万株、VCのロックアップは90日or1.5倍。公募価格3,620円。公募価格での時価総額25億の小型案件。こちらは「ないな」と思っていた。同日上場のエムケイシステムと比べテーマ正、売上利益成長率、VC等の需給、あらゆる面で劣っていると思ったからだ。強いて言えば名前がエムケイシステムよりピカピカしてるくらい。予想通り見せ場なく終了。

 

以上。3月はまだまだIPOたくさんあるのでちょっとは稼ぎたい。

 

しょう