読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうの自由帳

自由に生きる人のライフログにしようと試みるも書けないことが多すぎて企画倒れ

デイトレードできない話

最近の相場、デイトレードが本当にしにくくなっている。大型はイベントもなく日足チャートも汚い。だからどういう需給がベースで日中の値動きが展開されているかわからない。「トヨタはここまで値下がりしたらほしい人間が多いのか(=リバウンドするのか)」とか、「ソフトバンクは今上がっているけれど実は欲しくない人多くて、一度垂れ始めたらみんな逃げるのか、それともみんなホールドするのか」とかそういう心理が伝わってこない。その日のその銘柄の方向性やホルダー/ウォッチャー心理が読めなければ(少なくとも僕の)デイトレードは成り立たないのだ。

一方新興や個人の好きな銘柄。こちらも大変残念な値動きだ。イベントに乏しく、ゲームバイオも盛り上がる感じでなくテーマもない。つまらない相場がバンドワゴン的に参加者を減らして盛り上がりのなさに拍車をかけている。イナゴの力も衰えている感じで秘技「イナゴ刈り」も繰り出す場面がない。

IPOもダメ。2月の上場銘柄数が少ないのもあるが、アルベルトにせよシリコンスタジオにせよストップ高に張り付いてもすぐ剥がれるなど体力がない感じ。

以上、相場雑感でした。実は盛り上がっていて自分の監視銘柄がズレているなんて落ちかもしれないけど、これが僕の感想。この先のイベントのなさ、地合いなどを総合的に考えると次の決算期まではデイトレーダーにとってはつまらない相場が続くのかもね。

 

しょう