読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうの自由帳

自由に生きる人のライフログにしようと試みるも書けないことが多すぎて企画倒れ

「お見合い結婚」も馬鹿にできない話

結婚のタイミングには大きく分けて2つの学派があると思う。付き合い学派とお見合い学派だ。前者は出会ってから付き合う期間を経て結婚するパターン、後者は結婚前提で出会って、決めたら早いうちに結婚するパターンだ。もちろん、他の切り口で考えれば、社内結婚がどうとか学校の同級生がどうとかいう派閥もできるだろう。ただ今回はこの切り口で考えてみたい。

付き合い学派は「結婚は後戻りが難しいだから、慎重に長く付き合ってから相手を決めたい」と考える人達だ。数年付き合ってからとか、同棲期間を経てからとか、そんな場合が多い。この場合、結婚するタイミングは、「俺(私)はおまえ(あなた)を一生愛する」という確信を得た時、お互いを十分知った時になる。一方、お見合い学派はお見合いで足切りはするものの、お互いを十分知る前に結婚することが多いだろう。同棲もしないのが普通。

さて、どちらが良いか。世間の空気的には付き合い学派が圧倒的と思う。しかし、よく考えて見れば付き合って結婚する場合、結婚時が恋愛感情のピークになることが多いと思う。なぜなら、お互いをよく知っているので結婚後、「この人はこんな良いところもあったんだ!」というサプライズがないからだ。更に悪いことに、人間年を取るに連れて性格も体格も習慣も少なからず変化する。結婚時にベスト(極大点)なのだから、変化したら極大点からずれて評価が下がる可能性の方が高いだろう。このように、期待通りになることはあっても期待を超えることは極めて稀で、むしろ期待以下になってしまうことの方が多いかもしれない。

一方、お見合い結婚ではお互いをあまり知らないので、結婚して同居して、悪い面も見えてくるだろう、しかし良い面での発見もあるはずだ。年を取るに連れて起こる変化も、良い変化も悪い変化も同じ頻度で起こる可能性が高い。更に良いことに、お見合い結婚の場合は多少の不安感や自信のなさも混じる結婚だから、最初の期待値が低く設定されている。すなわち多少の悪い面は織り込み済みで、むしろ良い面が垣間見えたらラッキーというスタンスだ。

 

こういう風に考えてみると、お見合い学派も悪くないなと思ったり思わなかったり。

 

しょう