読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうの自由帳

自由に生きる人のライフログにしようと試みるも書けないことが多すぎて企画倒れ

最強の鴨川レシピ

鴨川は最強

僕が京都に住み続けたいと思う最大の理由は鴨川だ。鴨川は本当に素晴らしい。春は桜並木、夏は緑と水の遊び場、秋はポカポカ憩いの場、冬は夕日が冴え渡る。穏やかな流れに和み、水鳥を観察するもよし、大雨後の増水にハラハラし、オオサンショウウオさんを探すもよし。あらゆる季節、あらゆる天気において顔が異なり、どれも素晴らしい。

中でも最強なのは秋の鴨川

 

最強の鴨川レシピ

1. 視覚
秋晴れの空、眩しい日光。適度な水量で穏やかに流れる透明度の高い水、水面は日光を反射している。鯉がゆらめいている。鴨はゆるりゆるり泳ぎ、サギは虎視眈々と獲物を狙っている。草が生い茂り、川原の桜は紅葉し始めている。川では子どもたちが楽しそうに遊び、老夫婦は散歩。カップルは二人並んで座っている。

 

2. 聴覚
休日は車の雑音が少なく、静かだけれど無音じゃない。水流の音、風にゆらめく葉の音、子どもたちの遊び声が混ざった得も言われぬ音。

 

3. 嗅覚
太陽のもと、草と水のほんわかした匂い、おもわずクンクン嗅ぎたくなる。

 

4. 触覚/温覚
背中を太陽の光が温める。川原を歩けば、石が「僕はここにいる」という感覚をしっかりと足元から伝えてくれる。川原に座れば、草が最高のクッションになってくれる。風が心地良く、深呼吸すれば胸がスッキリ洗われる。

 

これらがいいカンジに混じりあうと、最強の鴨川のできあがりだ。この素晴らしさは写真や動画では決して伝わらない。秋の週末、ぜひ京都にいらしてみてはいかが。最強の鴨川があなたを待っています。

 

追記

「五感のうち味覚が足りないじゃないか」という方に朗報。鴨川ヌートリアは美味しいらしいです。魚では鯉やゴリもいます。水鳥で食べられそうなのは鴨くらいでしょうか。

 

しょう