読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうの自由帳

自由に生きる人のライフログにしようと試みるも書けないことが多すぎて企画倒れ

【ナンパレベル2】笑かし稽古@三条・四条河原町

三条、四条河原町、京都でも随一の人通りを誇るこの場所で、沢山の女性を笑かしてみせよう。何か面白いものを見つけたら即、何もなくても即話しかけていく。

 

しょう「やあ。元気?いやーちょうど黄色が似合う人を探してたんだよね。」

女の子「はい?」

しょう「その黄色のカーディガンに黄色のiPhoneマツモトキヨシの袋なんて完璧じゃない。でももう帰るのか....。もったいないなあ。その美しさはもっとこう、公共の福祉に役立てるべきだよ。引きこもってちゃダメだ!」
※ちなみにスーパーやドラッグストアの袋を持っている人はほぼ確実に帰り道なので、話しやすさ◎。

 

こんなノリでどんどん話しかけてゆく。ちなみに黄色のくだりはその場で思いつき、公共の福祉のくだりは前回女の子との会話中に天から降りてきて、結構受けたのでストックして再利用してみた。

 

しょう「楽しそうにあるいてるね。いいことでもあったの?いやー本当に仲良さそうだ。手までつないじゃって。最近レズとか流行ってるもんね。」

二人組「そうなんですよー(笑」

 

しょう「あれ?二次会探し中?俺と即席合コンでもしない?最近流行っているらしいよ。」

女の子「嘘だあー。」

しょう「ちょっと、すんません。最近出会った人と即席で飲みに行く、即席合コンって流行ってますよね?」

信号待ちの無関係な人「あ?いやー。」

女の子「ちょっと困ってるよ(笑。しかも流行ってないっていってるし(笑笑」

しょう「はい聞こえない聞こえないー。」

 

こんなかんじで良い。もうむちゃくちゃで良い。普段なら滑ること間違いなしなネタだって、ストリートなら爆受けだ。単にちょっと気づいたことを指摘してあげるだけでも爆受け。仮に滑っても無視されるだけ。そのことは二度と合わないからなにも失わない。周囲の目も5秒以内に消えてくれる。

続けて行くうちにだんだん楽しくなってくる。自分のことばで女の子が楽しんでくれるなんて素晴らしい。今日は何を話そうかな、といった感じだ。しかし間も無く物足りなさを感じてくる。このままでは自分は男として見られていないのではないか。ここまできたら次のステップだ。

 

Man On The Prawl, You Better Watch Out