読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうの自由帳

自由に生きる人のライフログにしようと試みるも書けないことが多すぎて企画倒れ

【ナンパレベル1】声掛け稽古@なんば

道聞き程度なら声をかけられるようになった僕は、もっとナンパに近づくための声掛けにチャレンジした。1回の出撃で10人が目標。あくまで短時間でも女性とお話することが目標。飲み行こうとかいう誘いはしないし、考えない。多くを求めてはダメだ。

 

金曜21時@なんば。声掛けポイントはなんばウォークOIOIの地下街と地上戎橋筋商店街。どんどん声掛けポイントを見つけて、疑問を投げていく。長時間話す必要も、どこかに誘う必要もない。あくまでタッチアンドゴーだ。

 

<買い食いしてるペアを発見>
しょう「それ美味しそう!名物なの?食べさせてや(笑」

B&C「だめー!」

しょう「えー、一口くらいええやん(笑」

B&C「ダメっ!じゃあね~」

※買い食いしている女の子は警戒心が弱く、反応が良い。また、一人の子よりもペアの方が和んでいる人が多いため、反応が良い。

 

話せた!嬉しい!!この調子でワン・ツー・パンチのリズムで声掛けしよう!

 

<楽しそうに飲み屋街に行くペアを発見>

しょう「金曜の夜、楽しそうですね!」

D&E「え!?びっくりした。」

しょう「いやーあんまりにも楽しそうだったので元気分けてもらいました!」

 

<奇抜なファッションの子を発見>

しょう「その赤い髪めっちゃ素敵ですね。」

F(ガン無視)

 

よっしゃ!無視きたぜ!これでこそナンパ!無視もされないとやる気がでない。この怒りを次の活力にしたるで!!

 

<重そうな鞄をもったOL>

しょう「その鞄めっちゃ重そうですね。」

G「え!?」

しょう「いや、その鞄めっちゃ重そうやなーって。PCでも入ってるんですか?」

G「あ、はい。」(歩調を速める)

しょう「ほんとお仕事お疲れ様です。あ、歩くの速なりましたね。まだ元気じゃないっすか~!もしかして歩くの好きですか?」

G「まあそうですね(笑。じゃあ帰るんで。」

 

やった!話題転換的なやつもできた。この調子この調子。

 

<携帯見ながら歩いている人>

しょう「なんか落ち込んでそうですね!金曜の夜なんだからもっと弾けましょう!」

H「うわっ!びっくりした!!」(かなりビクンとする)

しょう「ちょっとー!そんなに驚かんといてくださいよ..!」

 

この調子この調子...。しかしI、J、K、L、Mと無視や「え、」といって早足で去っていくのが続く...。まあこんなもんだよね。ちょっと声掛けの勢いが衰えてくる。こんなときこそ条件反射。女の子を見つけたらまず考える前にカウンターを押す。

 

<特に特徴ない金髪の子>

しょう「あ、あのー(何話すか考えてない)...。これからどこいくんですか?」

N「これからもう滋賀に行くんですよー」

しょう「そんな!金曜日の夜なのにもったいない。」

N「用事あるんで。と言うかお兄さん声掛けても無駄ですよ。私同業者だから。」

しょう「同業者って??」

N「私ガールズバーで仕事してるんで。お兄さんスカウトでしょ」
(ノータイスーツだったのでスカウトに間違えられた)

しょう「いやスカウトじゃないし、ただ、なんというか気になってこえかけただけ。あ、ガールズバー。滋賀の?」

N「滋賀は実家。これから実家で用事があるの。だからバイト早く終わったんだ、今日。」

しょう「ふーん。あ、俺東京出身なんだけど、大阪のガールズバーって...」

 

こんなかんじで一瞬スカウトに間違われながらも、最後は長く話すことができた。相手がガールズバーで働いており、扱い慣れていたというのもあるが、結果良ければ全て良し。そもそもナンパなんてすべてタイミング・運も大きく影響するのだから。おんなじ子でも無視される日もあれば、そのままホテルに行ける日もある。

 

今日はたくさんの人とお話できたから満足!今度はもっと長く、そして楽しくお話しよう。「この人ともう少しの時間話してもいいかな」と相手に思わせたら勝ちだ!

 

Cool Cats

しょう