読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょうの自由帳

自由に生きる人のライフログにしようと試みるも書けないことが多すぎて企画倒れ

2016年の反省と今年やること<その2:ナンパ>

2017年になりました。ついでに先日24歳になりました。去年の反省と今年やることを書きます。

 

ナンパ

反省

去年の記事はこちら

2015年の反省と今年やること<その2:ナンパ> - Sの自由帳

声かけやルーティンのロープレだけでなく、NLPや即興ゲーム、マジック含めた小技を身につける。月3~4個のペースで練習と実戦を繰り返し、年度末には15~20くらいの小技が現場での応用実戦も含めてマスターできていると良い。あまりに覚えが悪かったら下方修正かも…。

 これ、全然ダメでした。そもそも週末に時間がないことに気が付かなかったよね。今までもこれからもナンパは仕事帰り等のながら時間を活用していた。週末は決算シーズンは仕事、それ以外は日本にいたりアポがあったりで殆ど時間がなかった(1年のうち4か月弱も日本にいた!)。特に日本滞在期間が長すぎたこと、日本滞在中は彼女とずっと一緒にいたことは本当に足かせになっていたと思う。とはいえ一番の彼女を蔑ろにしたら元も子もない。従って結論としては「そもそもナンパを中心に据えた目標設定がダメだった」ということだ。

今年からは「一番大切な人と本気の恋愛をしながら並行してナンパしてより良い伴侶を探す」。あくまでも本カノ中心の活動にしたいと思う。いい人がいたらすぐにでも結婚したい現状に活動も合わせないと。

 それにしても、今年は彼女に時間を使うあまり仕事にもナンパにもあまり時間を使えなかった。どうせ家庭をもったらこうなるのだからそのこと自体は仕方ないと思う。だから彼女(将来は家族)にたくさん時間を使う前提で物事の計画を立てたい。

目標

・ナンパのためにどこに住むか決める
 ムンバイ/ニューヨーク/シンガポール時々日本の3択

・思ったことを素直に言う/やるスタイルのナンパを確立する
 具体的には「素直にすべき局面でできなかったカウント」ノートの更新回数を極小化

・昨年始めた体を大きくするための筋トレの継続と目標体重69kg

・逆三以上(自分対複数の相手)のナンパを身に着ける(努力目標)

逆三以上ナンパは努力目標といいつつ、素直ナンパができている状態の必要条件な気はする…。

 

伴侶観の現状

一年間ナンパよりも一人の彼女と向き合ってみて得られるものは多かった。結局別れてしまったけれども。結婚を真剣に考えることで自分はどんな人となら結婚できるかが見えてきた。具体的にはだらしない生活の人とは結婚できないこと、どんな状況でも相方を信じようと努力できる人と結婚したいこと(性善説に立ってほしい)、一方的な無償の愛ではダメで双方の無償の愛が必要であること。

また、シンガポールに住んで容姿に対する考えが変わった。第一は「自分は綺麗な人が好きで可愛い人はそんなに好きでない」ことに気が付いた。東南アジア諸国の人は綺麗系よりもかわいい系が多くて、どうも受け入れられないことを痛感した。

 第二は「綺麗には色んな種類があるし、自分が綺麗と思う人を好きになればいい」ことに気が付いた。シンガポールで色んな人種の女性と出会って色んな「綺麗」に出会えたし、「自分はこの綺麗とあの綺麗ならどちらでもいけるクチだな」という気づきを得た。また、それぞれの人がそれぞれの「タイプの女性像」を持っているので自分も自由になれた。日本だとある程度共通した理想像があってそれに無意識的に同調していたように思う。

第三は「スタイル大事だな」と気が付いた。シンガポールにいると薄着なのでスタイルがどうしても目につく、目立つ。一緒に歩いているときは特に。しかも綺麗には解はないけど、スタイルの良し悪しはみんなある程度共通したモノサシを持っているので「こいついい女連れてるな」と思われたい自分としてはスタイル大事だなと。こだわりポイントが顔からスタイルに軸足が移りました。

 

ナンパ観の現状

最近は「思ったことを素直に言う/やるスタイルのナンパ」が個人的には肌に合っていると感じる。タイプな人に素直に「綺麗だと思って声かけました。」とするのが理想。興味持った人に素直にその興味ポイントをぶつけるのが理想。電車の中で見知らぬ人にいきなり話しかけるおじいちゃんみたいな純粋な興味で声をかけたい。
タイプでない人を数稼ぎで落とすと魂が濁る。本当に。自分に嘘をついたりネタに走るのが癖になっていざ本命の時に直球で「好きだよ」とか「綺麗だと思って」とか言えなくなってしまう。
素直になるのは意外と難しいからそこはトレーニングする。たとえば、この前日本で『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』という映画を見てすごく面白くてエンドロールで拍手したくなった。でも日本の映画館でそれは「浮く」行為だからできなかった。これが凄く悔しかった。もっと素直に自分を表現できるようになりたい。対象が女性であれモノであれコトであれ、心動かされたらそれを心の内に留めないで外に表現する、シェアする。今年はこれをできるようになりたい。

 

しょう

2016年の反省と今年やること<その1:株式投資>

2017年になりました。ついでに先日24歳になりました。去年の反省と今年やることを書きます。

 

去年の反省と今年やること

去年のマイ漢字を選べといわれれば脳内満場一致で「壊」と言えるほど色々な前提が崩壊してしまった。「日米市場で稼ぐ」という株式投資の長期計画、そもそもの「投資とは何か」ということ、「シンガポールでナンパして伴侶を見つける」ことなど。実際に課題と向き合ってみたら予想と現実が違って前提が崩れた。
今年は新たに自分の動き方を練り直すために試行錯誤する期間になるだろう。もちろん株もナンパも今できることは並行して行いつつ。

 

株式投資

反省と目標

去年の記事はこちら

2015年の反省と今年やること<その1:株式投資> - Sの自由帳

まず最大の反省は株式投資への注力度が低くなってしまったことだ。ナンパや結婚検討の方に時間をかけすぎた(その2で後述)。従って目標達成度が低い。来年以降も早く伴侶を見つけて結婚したい思いが強すぎてどこまで株に熱量を注げるか不透明だ。ましてや伴侶が見つかり結婚したら仕事ばかりではいられないので、今年以降は「恋愛/家族にもそれなりの時間を割かなければならない」前提で目標を立てようと思う。

さて、去年掲げた目標は以下の通り:

 ・去年得た知見から得られた手法(体系)をミスなく確実にできるようにする

※手法の使い時・選び時の判断も含む

・テーマ株トレードを身に着ける
※去年のやりのこし課題

・米国市場に本格参戦し、日本市場と同じ感覚でトレードできるようにする
※資本主義が続く限り、基本的には米国市場が一番やりやすいと考える

 1番目の目標は達成できた。また、手法(体系)自体も深化してより必然的に成果が出せるものに昇華された。2番目の目標は撤回。テーマ株トレード自体が下火になりつつあることや流動性の観点、何よりTwitter上でテーマを煽る人物達が与える値動きへの影響の大きさを考慮して当面断念することにした。3番目の目標は1/3ほどの達成度になってしまった。単純に時間がなくて米国市場への理解は自分が日本株1年目だった14年末くらいの知識にとどまっている。

 

一方で来年の目標は以下の通り

日本株は去年できたことをなるべく効率的に短時間でこなす

・インド株への参入可能性を検証する

・インド株(参入の場合)または米国株で長期投資用の株が3~8銘柄購入できている状態になる

 

唐突にインド株がでてきました。今インドへの移住検討中というのもあるけど、それ以上に「唯一性」を得るためにインド株やりたいと思っている。以前こんなことを書いたのだけど、日米市場では「世界一」になれる領域がもうあまり残っていなさそう。

 投資の世界で顕著なのが、稼いでいる人に限って「この人は○○(トレード手法)に関しては少なくとも東証一、もしかしたら世界一だな。」といえるものを持っていること。不思議なことに、稼いでる人の間で手法は被ることなく、それぞれがそれぞれの領域でナンバーワンなのだ。

 そこで日米以外の市場のどこかの領域ならもっと簡単に「世界一」目指せるんじゃないのという考えた。そこでインド。良い点は人口が多く経済成長率も高いので追い風が吹いていることと英語で情報収集できること、外国人投資家による投資が解禁されてから比較的年月が浅いこと。悪い点は裏返しで注目度が高くて英語で情報収集できる故にある程度の競争はあるだろうこと。とりあえずはファンダメンタルズに則った投資をしたいとも考えているので高い成長率を決め手にインドにした。
実際に口座を開いていつも通り少額でトレードしてみることで参入できそうか検討し、いけそうならとりあえず米国株トレードは現状維持&放置でインドに注力したいと思う。

 

しょう

ナンパと結婚ゴール(11月以降の予定)

前回ではロンドン移住は不可能と判明し、彼女に「とりあえずシンガポールで同棲を」と日和った発言をしたところ彼女との間に深い亀裂が入った。さてこれからどうしよう。

 

彼女との関係回復

マイルール「より良い人が現れるまでは絶対に今の彼女を離さないように喰いつく」に従って彼女との関係を修復する。そのために年末日本帰国予定を1ヶ月繰上げて11月に日本へ行き、全力で関係回復を図る。
なお、この一件で彼女の親にも不信感を与えてしまったのでそこもケアしないといけません…。

結婚路線は残しておく。結婚するなら来年10月前後と思っておく。それまでにいま一度未練がないか、本当に彼女でいいか考える。考えるだけでなく以下の行動をする。

 

移住検討(ニューヨークかムンバイ

イギリスは断念したが、ナンパしやすい国として他の候補を当たってみる。英語話者が多い国、時差的にトレードとナンパが両立できる国(欧州アフリカNG)、人口が多い都市を条件にスクリーニング。候補として残ったのがNY(アメリカ)とムンバイ(インド)だ。
単純に美人が多い欧州以外の英語圏はアメリカやオーストラリア等があるが、人口密度で考えるとNYが一番。従ってNY。

しかし注意点はアメリカやオーストラリアは兎に角大きい人がモテるらしいということ。華奢な自分にはかなり厳しい戦場となろう。実際に大柄かつ経験豊富な日本人ナンパ師でも苦戦し、成果は出ていない模様だ。ホームの(日本在住の)欧米人はむしろラクなことが多いが、アウェイの欧米人は本当に厳しい。シンガポールでも体感している。
ただ、行ってみなければわからないと言う事でNY、来年の夏に行ってみます。とりあえず体を大きくするための筋トレも開始。骨格レベルで細いので限界はあると思うがベストを尽くす。
少なくとも声掛け対象な美人が沢山いれば幸せだなあと思います。高速で試行錯誤できればレベルも上がるし。

次にインド。インドも英語が準公用語であり、人口が多いので候補に入れた。そこそこ美人も多い。独特の文化や考えを持つだろうけど、都市部の人なら気はあうハズ…。欧米系よりはラクな相手であることもポイント。経済成長の可能性も秘めているので仕事面でも可能性に溢れる。
Tinderやネットで下調べしたところ、一番美人比率が高いのはムンバイだ。さすが商業の中心地。来年3月前後を目処に行きたいと思う。

 

これらの国を見て、まだ俺はやるんだと闘争心が出るような環境なら移住したいとおもう。

 

シンガポールでの活動継続と原石磨き

インドやNYに行く合間はシンガポールにいるので活動は通常通り続ける。効率悪いし高速で試行錯誤できないからレベルも上がりにくいが、仕方ないので続ける。

加えて新たな試みとして原石磨きをする。シンガポールの人も美意識を持ってもらえばキレイになるのではないかということで、とある人にキレイになってもらう。Non GAAP素材は良いと思う人で、性格も良くて、美意識さえあれば付き合いたいとも思える人だ。
メニューは肌ケア、脱毛、メイク、香水、リップ、洋服など。果たして…。

 

来年7月頃までに結論を出すつもり。姿勢が日銀っぽくてちょっとアレだなあ。

ナンパと結婚ゴール (10月経過報告)

前回の記事では、
・ナンパ目的でロンドン移住
・東京の彼女と結婚する
の2択が残された道だと書いたけれどどちらにもならなさそうである。

 

ナンパ目的でロンドン移住

単純なことを忘れていた笑。ロンドンに住むと米国株または日本株をトレードしながらナンパするのは困難である。ロンドン時間(夏時間)では日本株は午前1時から始まり午前8時に終わる。昼夜逆転させないと無理だ。米国株は14時半に始まり、22時に終わる。これでは午前中しか空きがなくナンパはできない。
このようにトレードとナンパが両立できないので断念した。

 

東京の彼女と結婚する

ロンドン移住ができないならば結婚しかないと意気込んだところ、シンガポールにいる祖父から早まるなと猛反対を受けた(日本の両親は好きにしなさいスタンス)。「早くひ孫の顔がみたいのう」と言った平和的な返答を期待していたが、正反対だった。

「相手は日本人で英語できないし、手に職はないからシンガポールで働くことはできないし、ストレスにも弱いタイプだから正直不安な部分はある。特に外国において。生活もだらけがちな部分があり、いざ同居して生活リズムが合うかはわからない。ただ一緒にいて抜群に楽しいし、会話しててすごく合う。」
と正直に胸のうちを打ち明けたところ以下のような返答:

「妥協するな。まだ若いのだからもっといい人が見つかるでしょう。10年後でもまだ適齢期である。」

「ワシ(祖父)がばーさん(故祖母)が結婚したのはばーさんが確固たる生きがいや目標(舞踊)を持っていたから。それに気立てよくしっかりしていて、強い女性だったからだ。彼女にはそれがあるのか?」

「もし不安をいだきながら結婚して離婚したらどうするの?離婚自体はやり直せるからいいけど、日本人と結婚したら財産分与は特に投資家の場合は問題だ。」

「英語ができないとやはり不自由は多いよ。そのうち適応できるし語学も徐々に見につくだろうけど、やはり最初からシンガポール人(またはシンガポール在住者)と結婚したらどうだ?」

 

こう言われて何も言えなくなったとさ。祖父は家族で自分のことを考えて助言してくれていると思うし、何より海外邦人夫婦の先輩なので耳を傾けざるを得ない。何より個々の内容には同意せざるを得ない。

血迷った自分は「とりあえず籍を入れずにシンガポールで同棲する。互いの相性を最終確認する。」という日和った結論に至る。「こんなに日和った提案したら嫌われそう、自信がないことを示しガッカリされそう」と思いながらも「シンガポールに来てからダメでしたではお互いに不幸せである。長期的な幸せを得るためには同棲でお試しは不可欠。」と自分を納得させ彼女に提案。

案の定恐れていたことが現実化。彼女と大揉めしてその関係に深い亀裂が入り現在に至る。結婚どころではなく彼女を失いかねない状況だ(つづく)。

ナンパと結婚ゴール

今年の1月に書いた記事の続き。

show1225.hatenablog.com

 

暫定条件として、「2016年9月頃まで今まで通りナンパを続け、彼女を超える魅力を持つ人が見つからない」かつ「彼女が僕に指摘されて頑張ってる生活改善を成し遂げる」。この2つが満たされれば年内結婚を前提に真剣な検討を始めるべきと思っている

 

と書いたので、現状を更新します。

 

日本の彼女

あいかわらず付き合っている。しばらく険悪や危機的な時期もあったけれど、現在は今までで一番仲良く楽しい関係になっている。食事と性格のマッチ具合がかなり高くて、一緒にいてとにかく楽しい。一方で相手は英語も喋れなければ、仕事も所謂一般職で、自己管理も苦手でライフスタイルは不一致が多い。

そして何より、シンガポールで彼女以上の人を探して一年経ったが今のところ誰も見つかっていない。アジア系は結構当たれたが彼女超えは見つからず(容姿だけなら彼女超えはいくつもあったけれど、性格一致が難しかった)。ヨーロッパ系は実力不足で全く攻略できていない。

そうして上記の「2016年9月頃まで」の期限は過ぎてしまった。だから真剣に結婚の可能性が高くなってきた。

 

ロンドン

一年間の結果、彼女超えは得られなかった。レベルアップしないと彼女超えは得られなさそうだ。しかし、シンガポールでナンパをしていて感じるのは「実力維持は可能だが、レベルアップは難しい」こと。そもそも声かけたいと思える女性が少なすぎて数を稼げない、数を稼げないからトライアンドエラーが遅いし、そもそもスポーツと同じで集中的に高速回転できないとレベルアップは難しい。座学やナンパ以外の声掛けで話術を磨くこともできるけど、そもそも声掛け対象が少ないと熱がこもらない(ただでさえ株で忙しいのでいつの間にか優先度が落ちちゃう)。

だから「結婚」か「ロンドン行き」の二択を自分に課したいと思う。今の彼女は良い妥協点かもしれないが理想ではない、理想を求めるならレベルアップできそうな所に移住するしかないのだ。

ちなみになぜロンドンかというと人口規模と密度だけでなく、Tinderに課金して世界の主要都市圏をスワイプした時の美女遭遇確率が高いのと、英語圏というのを加味している。また下の動画で街の様子もいい感じにみえる。

 

Crazy PickUp Marathon By Sasha Daygame - YouTube

 

なお、ナンパ練習場としては日本が一番です。僕は個人的な事情で日本に長期滞在できない身分なのでこんな遠回りをしています。AB級の厚み、地形、一人暮らしの多さ、国民性、体格、人口密度等々条件が揃いすぎている。

 

タスク

・結婚相談(周りの色んな人に)
・ロンドン旅行(とりあえず旅行して住めそうか、ここでナンパしたいかできそうか感じ取る)

これらを11月中に済ませたい。なお、今の気持ちは数日毎に振れているが結婚に寄ってると思う…。年齢考えてもまだ焦らなくていいよと言われるんだけどね…。

 

しょう

 

 

今週分かりやすかったトレード

眠れないので今週分かりやすかったトレードについて書く。最近ダブルスコープが材料も業績期待も乏しいのに大きな出来高つけて上がってたので着目してた。空売りの買い戻しかなと思いつつ。
水曜から明らかに日中の出来かたが変わった。具体的には乱高下するときには出来高あるけどヨコの時は過疎るようになってた。以前は常に出来高多かったのに。
材料的なの(と言っても既出の中計に織り込まれているはずだが)が出ても大して上がらないし、高値トライ何度もしても抜け切らないから上値知れてると思っていた。水曜日、これが落ちる節目だろうと空売りした。
しばらく担がれたけどマザーズ総崩れのお陰で需給が崩れたのがきっかけで、落ちて大きな利益になった。でもマザーズ崩壊のお陰で棚ぼただから明日はわからないと当日中に半分買い戻しちゃった。でも買い主体が火曜日を最後に消えた今、壊れた需給は戻らず、翌日も大崩れ。前日買い戻してなければもっと大きな利益のはずだった。
反省として、買い主体がいなくなったこと、外部要因とはいえ需給崩壊のきっかけがあったことからショートガチホすべきだったなと。案外きっかけなんてなんでも良いのだな、きっかけがあるまでは粘られ担がれでしぶとさを感じるけど、きっかけがあればその粘りはなくなるんだなと思いました。

f:id:show1225:20160918005126p:plain

ほんとにひょんなきっかけで株価がある方向に動き出すからおちおちしてられない。今後は常にきっかけ待ち銘柄を監視する必要があるし、含み損抱える余地が小さいならきっかけ待ち先出しポジも必要ですね。

ナンパ近況、声掛けのイメトレをします

ナンパ近況

何度か日本滞在するたびにナンパの習慣が途切れて後退してしまって良くないと感じる今日このごろ。前回の記事でクラブナンパするよといったものの、5時起きの体には金曜夜は堪えるので土曜日の夜用事がなければいく程度の意識低い系になってしまっている。良くないがトレーダーをしている以上しかたない…。悲しいね。

引き続きストリートはやっている。クラブナンパはめんどくさい気持ちが強いけれど、ストリートは楽しいしやめられない。しかし日本と違ってあまりに声をかける頻度が少ないものだからたまたま可愛い子が通っても口下手人間状態。あかん。

 

声掛けのイメトレをします

対処法として可愛い可愛くないにかかわらず、年齢にかかわらず、女性が通り過ぎたら「自分ならこの人にどのような声掛けと試合運びをするだろうか」といちいちイメトレしようと思う。自分に嘘ついて可愛いと思わない人に声を掛けるモチベーションも時間もないからイメトレ。これでシンガポール対応声掛けレパートリーも増えるかな。

 

最後に日本の彼女について。日本で会ってきた。やはり愛すべき人には変わらない。今回の帰国でも勢い余ってそーせいグループにお世話になってしまったのは内緒だ。
しかし彼女がシンガポールに移って人生楽しいイメージが湧かないし、日本人と結婚すると子育て面倒だなというのも根強くある。性格の相性を考えると一生付き合う人ではないのかもしれないとも思ってしまった。お互い合うし、日本で2年間ナンパして彼女以上の人が見つからなかったのだから相当だ。しかしそれでももっと合う人はいるはずとなんとなく思う。容姿的にもまだ上を目指してもいいんじゃないかと感じ出してきた。とりあえず現状維持で付き合いながらシンガポールでも頑張る。